February 2017

2017年
2月12日
(日)
【健さん FOREVER】
北九州市立美術館分館で開催中の
「KEN TAKAKURA 追悼特別展」

 また寒い週末でした。 福岡でも少しばかり積雪がありましたが、海岸部では大きな影響はなかったようです。  平年を大きく上回る積雪を記録した地域もあるようです。 被害がないことw祈るばかりです。 お見舞い申し上げます。

 福岡が生んだ大スター・高倉健 (1931-2014)。 地元では「健さん」と呼ばれて親しまれています。 この度、健さんの3回忌の年に合わせて、北九州市立美術館分館で開催されている「KEN TAKAKURA 追悼特別展」を見に行ってきました。

 昨年、東京駅のステーションギャラリーで開催されたことは知っていたのですが、故郷での開催も計画されていたので、今回観たものです。

 会場では、健さんが出演した全205作品の映画のワンシーンが、年代ごとのディスプレーで繰り返し流されており、若かりしころの健さんの勇ましい姿を見ることができます。  また、いくつかの作品のポスターや台本なども展示されており、藤純子、中原ひとみ、美空ひばりなどの共演女優、丹波哲郎、梅宮辰夫、鶴田浩二などの共演男優の懐かしい名前と映像を久し振りに眼にしました。

 健さんの遺作となった「あなたへ」の台本も展示してあり、大滝秀治のセリフ「久しぶりにきれいな海ば見た」のところには、健さん直筆で感動した旨のコメントが書かれていました。 いやぁ、あのシーンは本当によかった。  大滝秀治も結局この作品が遺作となりましたが、2大スターの最後のセリフは心打たれるものです。

 健さんの出演作をあらためて見て、健さんの素晴らしい人間性を実感した良い展示でした。(1)